返済計画を

借金はないほうがいいということは誰もが理解していることでしょう。
少しずつ景気が回復していると言われつつも、現状はそう甘くなく、まだまだ不景気のままという印象を持つ人も多いことでしょう。


住宅ローンをボーナス払いにしたけれど支払いができない、ボーナス払いで商品を購入したため年末年始は資金がない、などお金の悩みを抱えている人は少なくないでしょう。
そんなときに、足りないお金の補填として、つい気軽な気持ちで借金をしてしまう人がいます。


クレジットカードのキャッシングや消費者金融は、簡単にお金を借りることができるのでつい利用してしまいがちです。
利用すること自体は悪いことではありませんが、しっかりした返済計画を持っていなかったため破たんしてしまうのでしょう。


そこで、お金を借りること、すなわち借金への知識を持ち、簡単に借りるのではなくきちんと考えて借りるかどうかを決めるようにしましょう。
まず、お金を借りなくてはいけなくなったときに、必要な金額をどこからどうやって借りようということで焦ってしまい、その後の収支の予定も考えないで借りるということは絶対にやめましょう。
破たんしている人のほとんどの原因が、そのときは考える余裕がなかったということです。


現在、借入の限度額は年収の三分の一までという総量規制があります。
簡単に借りたことで本当に必要なときにもう借りることができないという状態になるかもしれません。
借金をするときは、本当に必要なお金なのか、どうやって返済していくのかをきちんと確認することが重要です。


<特選サイト>
借金で失敗してしまった場合に相談できるサイトです ⇒ ⇒ 借金

Copyright © 2014 借金で失敗しないために All Rights Reserved.